債務整理とは

「債務」や「債務整理」とはどのようなことなのでしょうか。

「債務」とは、「特定の人に対して一定の行為、もしくは給付をしなくてはならない法的な義務のこと」です。

つまり借金をした人が、貸してくれた側に対して返済する義務のことですね。

そして、例えばさまざまな事情などで、多方面から多額の借金をしてしまい、返すのがとても大変になってきた場合、法的に債務を整理して、無理のない返済計画を立てて返していくように考えることになります。これが「債務整理」です。

しかし自分ではそれまでなかなか借金を返すことができなかったのですから、自分以外の誰かに、より良い債務整理の方法を教えてもらう必要があります。

弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼すると手続きがスムーズに行く場合多いんですよ。